出世に興味ないとどうなる?出世街道から外れるメリットデメリット

出世に興味ない 仕事の不満

出世に興味ない人が増えているって話をよく耳にするようになりました

 

  • 大変な仕事をしてお金をたくさん稼ぐ必要がない
  • 物欲がないので生活できるお金が稼げればいい
  • 出世のメリットを感じない

こんな理由から出世に興味ない思う人が多いんです。

 

でも、出世にメリットを感じないと言っても出世をしない場合のメリット・デメリットにまで目を向けている人はあまりいないんじゃないでしょうか?

 

出世に興味ないから出世争いの外でゆったり働くという生き方はある意味で理想的かもしれませんが、将来にかかわることなのでしっかり考えつつ行動に移していったほうがいいです

 

そんなわけで、この記事では出世に興味ない人のメリットデメリット、私が出世を捨てた理由を書いています。

 

出世どころか長く勤めたくもない会社ならぼちぼち転職活動しながら働くほうが精神衛生上いいですよ。当サイトおすすめの転職サイトはこちらから↓

スポンサーリンク

出世に興味ない人のメリット

出世に興味ない人のメリットは以下の3つ。

  • 上司の評価にビクビクしない
  • 肩の力を抜いて仕事ができる
  • 精神的に楽

野心よりも楽な道を歩きたいという人が選ぶようなメリットになっています。

 

私も楽にお金を稼げるならそっちがいいですし、大変な仕事でで年収500万円より楽で年収400万円のほうが嬉しいです。

 

メリットを1つずつ見ていきます。

上司の評価にビクビクしない

出世に興味ないと上司の圧力が半減します。

 

定時で帰るのも有給休暇を使うのも『査定に響く』という脅しがほぼ通用しないからですね。

 

出世を捨てることで確実に自分の自由な時間が増えライフワークバランスが改善するんです。最高。

肩の力を抜いて仕事ができる

人がめんどくさがるような仕事を率先してやったり、ノルマ以上の成果を出したり、バリバリ働くのが苦痛なときってありますよね。

 

それは出世という野心や同僚より優秀でありたいという気持ちがあって、常に緊張している状態が原因。

 

出世しなくていい、現状維持で十分だと思えたらスッと肩の力が抜けてリラックスして仕事ができますよ。

精神的に楽

朝、仕事に行くのが嫌だと思ったりしませんか?

 

失敗を恐れたり、嫌な仕事が山積していたりすると仕事がどんどん億劫になったいきますよね。

 

出世に興味ない人はこのへんも強いんです。

 

失敗しても謝ればいいし、たくさん仕事があっても定時間内でできる分だけやればいい。

 

こんな感じでいつも同じ精神状態で仕事に取り組めます。

 

精神的に楽になり、仕事がイージーになるんです。

スポンサーリンク

出世に興味ない人のデメリット

出世に興味ない人にはもちろんデメリットもあります。

  • 給料が上がりにくい
  • 年下の上司ができる
  • 周りからの評価が下がる

自分の数年後を想像してみてこのデメリットが大きいと感じるなら、出世街道から外れるのは考えたほうがいいかもしれませんよ!

給料が上がりにくい

今の給料で満足していますか?貯金できていますか?

 

出世に興味ない人は興味ある人に比べ給料が上がりにくいです。出世しないので当然ですよね。

 

それでも問題ないと思えるなら出世を捨てるのもあり。

 

お金に関してはシビアで切実な問題ですからここは将来のためにしっかり考えておく必要があります。

 

ただし、出世するためにバリバリ働く人よりも自由な時間が多いので、副業で給料以上に稼ぐことも可能ですけどね。

年下の上司ができる

出世しないと年下の上司に使われることになります。それをプライドが許すかどうかを考えてみてください。

 

屈辱だと思うなら頑張るしかないですが、出世に興味ないなら許容するしかないです。

 

個人的には邪魔なプライドはゴミ箱へポイっと捨てちゃった方がラクだと思いますね。

周りからの評価が下がる

今まで書いたような自分本位な仕事ぶりだとどうしても周りからの評価が下がります。

 

人間は承認欲求の塊なので、それが嫌だという人はかなり多いはず。

 

例えば『みんなが残業してるから自分も残業してる』って人は周りからの評価が下がることにビビっているんです。

 

出世に興味ない人はここは覚悟しておかなければいけません。

スポンサーリンク

私が出世しなくてもいいと思った理由

私の場合は出世に興味がない人というより、出世に魅力のない会社に勤めているんですよね。

 

個人的に働いている会社で出世したほうがいいかしなくてもいいか見極める最高の判断材料は『上司よく見ること』だと思っています。

 

私の上司はというと完全に上の言いなり、自主的なサービス残業、ほぼ強制的な休日出勤などなど、役職の手当ての割にかなり消耗している様子…

 

逆に役職のない年配の人を見てみるとゆったりと自分のペースで仕事されていて、仕事の多さに関係なく定時で上がっています。

 

そんな年上の部下に対して役職のある人は見下すような態度をしているわけではないんですよね。

 

むしろそんな管理職と部下に板挟みになっている中間管理職が一番大変そう

 

「こりゃ半端に出世するとハズレくじ引くぞ」と考えました。

 

純粋に尊敬できる上司がいないなら出世に魅力のない会社かなと思います。

 

私は出世に興味ない人として、目の前の仕事も淡々とこなして、今と同じ感じで長ーく勤めていくつもりです。

出世に興味ないとどうなる?まとめ

出世に興味ない場合のメリットデメリットについて解説しました。最後に今回の内容をわかりやすくまとめておきます。

 

【出世に興味ないメリット】

  • 上司の評価にビクビクしない
  • 肩の力を抜いて仕事ができる
  • 精神的に楽

 

【出世に興味ないデメリット】

  • 給料が上がりにくい
  • 年下の上司ができる
  • 周りからの評価が下がる

 

出世しないと給料面や周りの評価で不利なる一方で、精神面で楽になり自由な時間が増えます

 

このどちらがいいかは自分の生き方や会社の体質によって変わってくるので、良く考えて上で行動していきましょう。

 

私みたいに出世の恩恵があまりないなと判断した場合は出世に興味ない、出世しないってのもあり。

 

判断が難しい場合は上司をよく観察してみてください。「上司みたいになりたいか」はけっこう重要なポイントですよ。

タイトルとURLをコピーしました