仕事で無理難題を言われストレス|差がつく2つの行動パターンを解説

仕事の無理難題のストレスの対策 仕事の不満

仕事で無理難題を言われ、ストレスや焦燥感を感じながら働いていることってありますよね。

 

頑張って頑張って、その仕事をこなした先にあるものを考えたことがありますか?

 

もしかしたら頑張っても報われない過酷な未来が待っているかも

 

今回は、仕事で無理難題を言われたときの2つの行動パターンと、ストレスから解放される方法について解説していきます。

 

行動パターンというのはシンプルに「頑張る」か「頑張らない」かの2つですが、近い将来的には大きな差がつきますよ

スポンサーリンク

仕事の無理難題のストレスを抱えたまま頑張った場合

仕事で無理難題を言われて、ストレスを感じながらガムシャラに頑張った場合は、仕事が回ったとしても悪いスパイラルにハマる確率が高いです。

 

突発的にイレギュラーな仕事で無理を強いられる場合ではない限り、無理をしても報われないこともザラ。

 

詳しく解説していきます。

過労で倒れる

仕事の無理難題をこなし続けると、体力が持たず過労で倒れる原因になります。

 

しかも、気が張り詰めた状態で仕事を頑張っていると、その限界に自分でも気づかず、いつのまにが限界を越えていて倒れてしまう可能性もあります。

 

気絶するように眠ったりする人は、体が悲鳴を上げている状況かもしれません。

ストレスでメンタルを壊す

体力的にきつくなくても、メンタルを壊してしまう場合もあります。

 

ずーっと仕事に追われていると、焦燥感や不安感に襲われ、休みの日も仕事のことを考えたりしてしまいます

 

夜眠れなかったり、無気力だったりする状況なら危ないかもしれません。

 

ちなみに、私が仕事に追われ強いストレスを感じていたときは、汗だくになった日も風呂に入る気にならなかったり、嫌なはずなのに早く仕事に行きたかったり、だいぶ不安定な精神状態でした。

 

メンタルがダメージを受けると、日曜日の夜から憂鬱だったり、仕事前に泣くなどのサインがあります

「できる」と思われて、ずっと無理難題を言われる

無理して仕事をこなし続けると、「これくらいなら何とか回る」と上司に思われて、それから先もずーっと無理難題を言われる可能性が高いです。

 

できてしまうと、「できる」レッテルを貼られて、仕事から追われる日々が続くのが1番怖いですね。

物理的に無理な仕事はパワハラかも

そもそも本当にやらなければ行けない仕事なのかも疑問です。

 

無理難題を言われ続けるのは、イジメやパワハラの可能性も考えられます。

 

ターゲットにされている場合や、そういう体質の会社なら、転職も視野に入れたほうがいいかもせれません。

 

「忙しくてそんな時間ない!」って人は、転職をサポートしてくれる転職エージェントと活用するといいですよ。

 

求人探しや面接の段取りまでやってくれますから便利ですよ

 

どうしても辞めたくなったら最近は退職代行ってサービスもあります。

 

自分の心が一番大切ですから、自分の心の声をよく聞くようにしましょう。

スポンサーリンク

仕事で無理しなかった場合

仕事で無理難題を言われて、それができなかった場合、「大変なことになる」とビビる人もいるかもしれませんが、無理するよりも経験上良くなる確率が高いように感じます。

 

仕事で自分が無理しなかったらどうなるか、解説していきます。

他の社員たちがなんやかんや頑張って回す

自分が休んでしまったり、ペースを頑張って上げずに、会社からの無理難題に応えられなかった場合、直属の上司が何とか回してくれます。

 

忙しいとどうしても「自分じゃなければダメ」と思いがちですが、1人が欠けても会社というのは思ったよりも回るものです。

 

特に仕事が自分だけに偏っている場合は、休んでスムーズ回ることだって少なくありません。

回らなくなり、上の人たりが解決策を考えざるを得なくなる

もし他の人も無理難題に耐えられず、お手上げ状態になってしまうことだってあります。

 

無理難題なんですから、当然ですよね。

 

仕事が回らなくなった状況で初めて、上の人たちは「このままじゃダメだ」と思い腰を上げて解決策を考えます

 

無理だと言うことを示さないと、上は動いてくれません。

 

頑張って頑張って無理難題に応えていても、会社は余力があるとしか思ってくれませんから、思いきって「無理しない」ことは意外と正解なんです。

今後、無理難題を言われなくなる

一度、仕事が回らないと言うことを示しているので、今後同じような無理難題をいわれなくなります。

 

無理して仕事を回していたら、こうはいきませんよね。

 

今後のためにも、「一回諦める勇気」を持ちましょう。

スポンサーリンク

仕事の無理難題のストレスから解放される2つの方法

仕事で無理難題のストレスから解放されたくても、がむしゃらに頑張るのは解決策にはならない場合が多いです。

 

解放される方法は以下の2つ

  • 逆に無理しない
  • 転職する

 

自分を犠牲にしてまで、頑張る必要はありません

逆に無理しない

無理をしないことのメリットは大きいです。

 

まずは、「絶対にやらなきゃ」と思う必要がなくなるので、心身にかかるストレスが圧倒的に減るのが一番のメリットです。

 

さらに、仕事が回らないと、具体的に次のようなことが起こります。

  • 他の社員が協力してくれる
  • 上の人たちが「無理」だと実感する
  • 今後、無理難題を言われなくなる

 

今現在がラクになるわけではなく、その後の仕事もラクになります。

 

「できない」というのは少し勇気が必要ですが、できない仕事を押し付けてきた会社の責任ですので、割り切っていきましょう

 

悪口を言ってくる人もいるかもしれませんが、基本的には気にしなくて大丈夫です。

転職する

もし、仕事が回らなかった結果「終わるまで帰らずに残業しろ」なんて言ってくる会社は、社員のことを大切にしてくれない会社です。

 

転職先を見つけて、逃げたほうが長い目で見たら賢いかもしれません。

 

「今すぐは無理!」と思うかもしれませんが、転職サイトなどに登録して求人で市場の調査をしたり、書類の準備などは誰でも今すぐできます

 

転職サイトの登録は5分でできますし、転職エージェントを利用すれば求人探しや面接の段取りまでサポートしてくれるので、働きながらの転職もやりやすいですよ。

 

いずれかの方法で、仕事の無理難題のストレスから解放されましょう。

タイトルとURLをコピーしました