人生がつまらない社会人が暗い気持ちになる原因と抜け出す方法

人生つまらない社会人 仕事の不満

この記事にたどりついたあなたは人生がつまらないと社会人になって感じるようになったクチですね?

 

  • 人生がつまらない
  • 社会人って楽しくない
  • こんなはずじゃなかった

こんなふうに悲観して悩んでしましますよね。

 

私も同じように悩んで、この先ずっとここで働いて毎日を繰り返しながら死んでいくのかと怖くなったりもしてました。

 

希望があった学生のころとは違い、社会に出てみると孤独と絶望を感じる人も少なくありません。

 

でも手が付けられない悩みではないです。

 

今回は人生がつまらない社会人の原因と、楽しくない人生から抜け出す方法を紹介していきます。

 

この記事を読み終わるころには下を向いていた視線が少しだけでも上向きになっているはずですよ。

スポンサーリンク

人生がつまらないと社会人になって感じる5つの原因

人生がつまらないと社会人が感じる理由は次の5つ。

 

  • 嫌な仕事をしている
  • 休日は寝てばかり
  • 他人と比較している
  • 夢を見ていない
  • 貢献していない

 

まずは原因がハッキリしないと解決する方法は見えてきませんからね。

 

当てはまるものがあるか確認してみてください。

嫌な仕事をしている

めちゃくちゃ向いていない仕事、全然やりたくない仕事、人間関係が悪い仕事、そんな『嫌な仕事』をしているパターン。

 

仕事ってそんなに楽しんでするものではないですし、嫌だという感情は普通なんですけど限度があります。

 

毎日休む理由を考えたり、他のことが手に付かないくらい仕事のことをネガティブに考える状況はハッキリ言って異常です。

 

今の仕事の良いところが1個も浮かばないようでしたらこれにガッツリ当てはまります。

休日は寝てばかり

休日に特に予定も立てず、仕事のために体を休ませているだけのような人は仕事と家の往復だけの人生のように感じてつまらないと思ってしまします。

 

よっぽど寝ることが好きな人でない限り、「疲れてるから寝る」だけでは体の疲れはとれても心の疲れはとれません

 

充実した休日や平日のプライベートな時間を過ごしてこそ気持ちも前向きになるものです。

 

趣味や子供のころ夢中になったものを思い出して、没頭できる何かを見つけましょう。

 

他人と比較している

他人と比べて良いことはありません。

 

会社の優秀な同僚、SNSでキラキラした人たち…全員自分より格上で幸せそうに見えたりしますよね。

 

また、自分より不幸そうな人を見つけては心の奥で安堵して小さい人間だと自己嫌悪におちいったりもします。

 

ライバルを見つけて競い合って奮起できるなら別ですが、基本的に人と比べてどうこう悩むのは無駄で終わりのない苦しみです。

 

誰かと比べてつまらない人生って考えを捨てることが大切ですよ。

夢を見ていない

毎日の塗りつぶしはつまらないですよね。

 

しかも仕事をしていると10年後も20年後も同じことを繰り返しているのが想像できて暗い気持ちになるんです。

 

何のために生きているんだろうと考えてしまうと人生はつまらないって思っちゃうんですよね。

 

誰しもやってみたいことや先延ばしにしてたこと、一度諦めてしまったことがあるはず。

 

それを書き出して、達成するために行動すると人生のモチベーションがあがりますよ。

貢献していない

自分にしか視点がいっていない人は誰にも貢献しない人生を送っていると思います。

 

しかし貢献こそが幸福感に繋がるので、視点を他人に向けるのも大切です。

 

まず簡単にできるのは募金ですね。コンビニのレジでもサラッとできますし、手軽に貢献感を得られます。

 

募金とか貢献とかハードル高いわ!って思うかもしれませんが、何かの商品を買う行為だって誰かに貢献しているんです。

 

視点を「自分だけ」から「自分も他の人も」に変えるだけで貢献感は確実に増えます

 

誰かのためになっている人生って悪くないですよ。

スポンサーリンク

人生がつまらない社会人から抜け出す方法3つ

人生がつまらない社会人が現状から抜け出す方法をは3つ。

 

  • 家と会社以外の場所に行く
  • 読書
  • 転職

 

大事なのは今やっていないことをやることですね。一個ずつ見ていきましょう。

家と会社以外の場所に行く

人生がつまらないと感じている社会人は会社と家の往復で毎日を塗りつぶしている人が多いです。

 

外食でもいいし、買い物でもいい、今日常生活で言っている場所以外のところに行きましょう。

 

新鮮な気持ちになれますし、必ず何か発見があります

 

行くところがないって人は映画館でもいいですよ。

 

非日常を映画の中で疑似体験することでいつもと違った刺激を受けるはずです。

 

そうやって今と違うことをやればやりたい趣味が見つかったり、プライベートの充実に繋がりますよ。

読書

読書は自宅にいながら世界を広げたり、気持ちを上げたりするのに最高の方法。

 

旅系の本なら旅を疑似体験できますし、哲学や自己啓発なら生きるモチベーションアップ、偉人の伝記的なのも面白いです。

 

本を読む習慣がなくてハードルが高いと思う人は「漫画でわかるシリーズ」みたいに活字を漫画にしてくれているものを読むと読書の世界に入りやすいですよ。

 

私は「本 おすすめ」とかで検索して人気の本から読んだりしていましたね。

 

kindle unlimitedで読み放題の無料お試しが30日無料なので何か読んでみてください。

 

考え方を変えたいなら『反応しない練習(著者:草薙龍瞬)』とか良かったですよ。ブッダの考え方で人生をシンプルに考えられるようになります。

転職

人生のほとんど仕事してるんじゃないかって思えてくるくらい仕事の時間って長いですし、嫌な仕事だとなおさらです。

 

環境を変える最強の方法は転職。

 

好きな仕事!とまではいかなくても、ぜひ給料が下がってでも『嫌じゃない仕事』を見つけてほしいです。

 

仕事のストレスがグッと減るとプライベートの過ごし方の余裕も出てきます

 

どうしようかなーと思う人でもまず転職サイトに登録して求人を眺めてください。

 

たくさんの求人を見ているだけで少し心が軽くなりますよ。

 

転職サイトは5分で登録できますし、リクナビNEXTのような大手なら転職ノウハウや履歴書・職務経歴書の作成と保存ができたりして全部無料

 

転職のことを考えているなら登録しない手はないです。

 

公式サイトから5分で登録⇒リクナビNEXT

 

スポンサーリンク

人生がつまらない社会人は環境を変えるだけで人生が変わる

人生がつまらないと社会人が感じる原因は次の5つだと紹介しました

  • 嫌な仕事をしている
  • 休日は寝てばかり
  • 他人と比較している
  • 夢を見ていない
  • 貢献していない

これらは環境や意識を変えると一気に改善する原因ばかりです。

 

今日からできる具体的な解決策は次の3つです。

  • 家と会社以外の場所に行く
  • 読書
  • 転職

 

隙間の時間にkindle unlimitedやリクナビNEXTに登録してつまらない人生から脱出するために時間を使いましょう。

 

確かに人生はつまらないと感じることもありますが、高杉晋作に辞世の句「おもしろきこともなき世をおもしろく」にもあるように人生や世の中を面白くすることはできます。

 

まず第一歩を踏み出してみてください。動けば変わるはずですから。

タイトルとURLをコピーしました